手軽にすね毛をすくことができる!すきカミソリがおすすめ


男性にもすね毛の濃さが気になるという人は多いのではないでしょうか。

すね毛の濃さを何とかしたいけれど、カミソリでツルツルに剃ってしまうのには抵抗を感じるかもしれません。毛の濃さや量を自然に調整できることが理想ではないでしょうか。
そこで今回は、すね毛を簡単にすくことができる「すきカミソリ」についてご紹介します。特徴やメリット、使うときのポイントや注意点などについてまとめたので、使う際の参考にしてください。

すね毛をすくためのカミソリ!その特徴とは?

すきカミソリとは、すね毛をすくためのカミソリです。

見た目は通常のカミソリのようにT字型をしたものや、コームのような形状をしたものもあります。どちらのタイプも肌にあたる部分がコームのようになっていて、根元の部分にカミソリの刃が埋め込まれています。コームに埋め込まれた刃が適度な間隔や長さで毛を剃っていくため、カミソリなどと比べて自然な印象に仕上がるのが特徴です。毛の量を少なくしたり多めに残したりと、好みで調整できるのが使いやすくて嬉しいですね。

すきカミソリは、準備するものや使い方も普通のカミソリとは少し違います。通常のカミソリを使うときには、肌を傷めないよう保湿してシェービングクリームを使う必要があります。

一方、すきカミソリではこうした準備が必要なく、乾いた肌に直接当てて手軽に使うことができます。使い方についても、通常のカミソリは毛の流れに沿って肌に当てていきますが、すきカミソリは毛の流れに逆らうようにして肌の上を滑らせて使います。すきカミソリは、面倒な下準備が必要なく、好みの濃さになったところでケアを終了すればいいだけです。気が向いたときにサッとケアができるのが利点ですね。

肌を傷つけない!すきカミソリのメリットとは?

すきカミソリのメリットとして、肌を傷つけずに安全に使えることがあげられます。

一般的なカミソリを使うと、肌に直接カミソリの刃が当たるので、すね毛だけでなく皮膚の表面まで一緒に削ってしまいます。カミソリで深剃りしすぎて、赤みやかゆみがでたり、血が出てしまったりという経験をしたことがある人も多いでしょう。その症状が収まるまでには時間がかかりますから、カミソリでのケアをためらう人もいるかもしれません。

一方、すきカミソリは、肌に当てたときに刃が直接肌を刺激しないようなつくりとなっています。すね毛の表面をサッとなでるように当てるだけで、自然に毛を減らすことができます。痛みなどはありませんので、これまでカミソリ負けが心配ですね毛の手入れができずにいた男性も、気軽に使えるのではないでしょうか。

もうひとつ、すきカミソリのメリットがあります。それは、使った後に毛がチクチクしないことです。通常のカミソリを使うと、数日後、早い人数時間で毛が生え始め、すね全体がチクチクしてしまいがちです。ある程度毛が伸びるまでは、そのチクチクした状態が続くので、触るのが不快に感じられるかもしれませんね。すきカミソリについては、すね毛の長さを好みに調整するだけなので、剃刀で剃り上げた後のチクチクした感触はありません。

すね毛をどのくらい剃るかを考えておこう

すきカミソリを使うときにポイントとなるのが、すね毛をどのくらい剃るか事前に決めておくことです。

毛の量や長さをどのくらいに整えるか、あらかじめイメージしておくとよいですね。すきカミソリで毛の長さを調整する方法は製品ごとに異なります。肌に対して寝かせて使うとしっかり剃ることができ、肌に対して立てて使うと毛を長めに残せるタイプの製品もあれば、深めに剃れる刃と浅めに剃れる刃を使い分けるタイプの製品もあります。値段は安いものだと300円程度、高額なものでも2,000円程度です。剃れる量や毛の長さは製品によって異なるため、いくつか購入して自分に合ったものを選んでみてはいかがでしょうか。

製品に説明書が添付されていれば、事前にしっかり読むことをお勧めします。説明書がなく使い方がよくわからないときには、インターネットで実際に使った人の感想などを確認しておくと、スムーズに使い始められますよ。

すきカミソリを使うときの注意事項とは?

すきカミソリを使うときに気を付けたいのが、剃りすぎてしまったときに元に戻せないということです。

毛を短すしすぎたり、薄くしすぎてしまった場合は、生えてくるのを待つしかありません。すきカミソリの剃り具合は製品によって異なりますし、同じ製品でもタイプの異なる刃を使えば、一回で剃れる量や長さも変わってきます。お試し感覚で肌の上を滑らせてみたときに、想像以上にしっかり剃れてしまったということもありますので、初めて使う製品の場合は特に気を付けましょう。

剃る量を調整できるタイプの製品であれば、最初は剃れる量の少ない刃で試してみるとよいでしょう。剃れる量が物足りないと感じたときに、たくさん剃れる刃に変更すれば、剃りすぎてしまう心配がなくなります。

そのほかには、すきカミソリは肌を濡らしてしまうと、上手に毛をすくことができなくなることも覚えておきましょう。きれいに仕上げるために、肌が乾いた状態で使うようにしましょう。また、使用中にはコームに挟まった毛を取り除きながら作業しましょう。すね毛をすいているうちにコームの間に毛がたくさん挟まると、うまく剃れなくなってきます。また、使用後はきれいに洗ってから完全に乾かし、乾燥した場所で保管しましょう。湿度の高いところに置きっぱなしにしていると、刃が錆びることがあります。

まとめ

すきカミソリは、すね毛の量や長さを自然に整えられるカミソリです。

肌の上をサッと滑らせるだけで手軽に毛をすくことができます。通常のカミソリツルツルに剃ることに抵抗がある人は、ピッタリの方法でしょう。製品によって1回に剃れる量や長さは異なりますので、初回は慎重に作業することをおすすめします。複数の製品を購入して自分に合ったものを選んでみてもいいかもしれません。

すきカミソリの特徴は、一般的なカミソリと異なり、すね毛を濡らすことなく、逆毛に沿って使うということです。使う前には必ず説明書を読んだり、実際に使った人の感想を確認したりすると、失敗のリスクを減らすことができます。