ビジネスマンの髭を考える!ファッションと認められるポイントはどこ?


ビジネスマンといえば、清潔感が大切だといわれます。確かに、多くの人と対面し、商談を行うビジネスマンは清潔な身だしなみをしてこそ、印象が良くなるのでしょう。 そんなビジネスマンにとって、髭を生やすことは望ましいのでしょうか?オシャレのつもりで生やしていても、他人からは不潔に見られるかもしれません。ここではビジネスマンの髭についてまとめました。

ビジネスマンの髭は本当にNGなのか

就職活動の段階から、多くの男性が「髭はビジネスマンにとってNG」と教わったことでしょう。新入社員になってからも、髭は毎日剃ることが望ましいとされ、無精髭を注意された経験がある人もいるかもしれません。髭は他人に不潔でだらしない印象を与えがちです。ビジネスマンが顧客から信用を得るためには、逆の印象、つまり清潔で几帳面な人だと思われる必要があります。そこで、自然に髭はNGという概念が定着したのでしょう。

また、日本人の顔立ちと髭の相性も理由の一つです。顔立ちが薄い日本人は、髭を生やすと髭のインパクトに飲まれてしまうことが多く、他人に威圧感を与えてしまいます。

しかし、全ての髭が拒絶されるのかというとそういうわけではありません。あくまでも清潔感があり、手入れの行き届いた髭ならば、ファッションとして受け入れられていることもあります。キャリアを重ねたビジネスマンだと、髭を生やすことによって貫禄をアピールすることもできます。あくまでも「似合っていること」、「汚くないこと」が前提ですが、髭を生やしているビジネスマンでも良い印象を持たれるケースは存在します。

髭が周りとの差別化につながることも

髭を生やすことによって、メリットが発生する人もいます。

まず、話のネタになるということです。ビジネスマン、特に営業職はお客さんとの雑談が重要な鍵を握ります。雑談によってお客さんと打ち解けると、ライバル社に差をつけることができますし、普通の商談でも思わず多くのことを話してしまいがちになるからです。そこで、髭をネタにしてみることがおすすめです。手入れの話や、「この髭、似合っていますか?」などのさりげない切り口で、お客さんとの会話につなげることができます。

お客さんにインパクトを与えるうえでも髭は大活躍します。企画部、総務部などのお客さんは一日に何人もの部外者と顔を合わせるので、名刺交換をしても顔を覚えきれない場合があります。営業にとっては覚えられることが命であり、ふとした拍子にお客さんが「あの人に頼んでみようかな」と思いつく存在である必要があります。

もしも、外見に特徴がなくて覚えてもらえない顔立ちなのだとしたら、髭を生やすことで特徴が生まれます。電話口で話していても「髭の男です」などと自己紹介がしやすくなるでしょう。

ファッションと認められるための重要なポイント

髭がNGにならないポイントとしては、「ファッションとして似合っている」と周囲から思ってもらえることです。髭が濃くて、剃っても剃っても目立つ人は、逆に髭を生やしてしまい、ファッションだと認知されるように仕向けてはどうでしょうか。そのためには毎日の手入れは欠かせません。髭を生やす部分と生やさない部分を明確に分け、髭をセッティングしましょう。顎鬚だけ生やすのか、口髭だけ生やすのか、それとも全体的に生やすのか、髭のセッティングにはさまざまなタイプがありますが、重要なのは「自然に生えている」ことではなく「あえて生やしている」ように思われることです。また、髭に合わせてファッションも男らしさを意識すると、よりファッショナブルなムードが生まれるでしょう。

どうしても髭の手入れが面倒で困っているのならいっそのこと、脱毛も一つの方法です。コンプレックスが解消されることで、自信を持って仕事を行うことができるのではないでしょうか。生やすにせよ脱毛するにせよ、自分に合った方法で髭と付き合うと、ビジネスマンとしての新境地へとつながります。