永久脱毛するなら知っておくべき?ムダ毛処理の種類とそれぞれの違い!


気になるムダ毛の処理、あなたはどんな方法で行っていますか?

カミソリ、毛抜き、クリーム、あるいはサロンで永久脱毛、とムダ毛の処理方法はいろいろとあります。その中でどれが自分に合っているのか…と迷ってしまう人もいるかもしれませんね。それぞれの違いやメリット・デメリットを知り、最適な方法を考えてみましょう。

脱毛の特徴と処理方法!

ムダ毛処理を考えたとき、真っ先に「脱毛」を頭に思い浮かべた人は多いのではないでしょうか。脱毛は読んで字のごとく、毛根から毛を取り除くことです。自己処理とサロンやクリニックなどの専門施設で処理してもらう方法とがあります。毛根から毛をなくしてしまうので処理後に目立ちにくく、“毛がなくなった”と実感しやすい方法です。

しかし、毛抜きやピンセットで自己処理を続けていると炎症を起こしたり、毛穴が開いてしまったりというトラブルを引き起こしかねません。また適切な処理をしないと、新しく生えた毛が皮膚に埋もれてしまう「埋没毛」になってしまうこともあります。

専門施設で行う場合にはプロの手によって処理されるのでこのようなトラブルは起こりにくいといえるでしょう。光脱毛、ニードル脱毛、医療用レーザー脱毛など方法は施設によってさまざまですが、いずれも熱処理によって毛根の細胞を破壊し、毛の処理を行います。きれいな仕上がりが期待できますが、自分で処理するよりはコストがかかります。

 

除毛の特徴と処理方法!
Close up of razors on white background

除毛とは、皮膚の表面に見えている毛を取り除くことをいいます。最も一般的な方法はカミソリで剃ることではないでしょうか。自宅で簡単にでき、かつお金もかからないのでカミソリで毎日処理しているという人もいることでしょう。

あるいは電気シェーバーを使うのもひとつの手段です。カミソリやシェーバーでの処理は気軽で、すぐに結果が得られる方法ですが、毛が目立ち始めるのが早いので頻繁に処理をしなければならず、カミソリ負けしてしまうなど肌への負担が大きいというデメリットがあります。蒸しタオルなどで毛を柔らかくする、シェービングクリームを塗る、毛の流れに沿って剃る、など肌への負担を減らすためには正しい手順を踏むことが重要です。

そういった手順が面倒だという人は除毛クリームもオススメです。除毛クリームなら「塗る、時間を置く、取り除く」の3つのステップで完結します。膝や肘などカミソリでは剃りにくい部位も処理が可能で、仕上がりにムラがないというメリットがあります。しかし薬剤で毛を溶かす除毛クリームはデリケートな肌の人は拒否反応を示してしまうかもしれません。

抑毛の特徴と処理方法!

脱毛、除毛とは別に抑毛という方法もあります。有効成分を含むローションやクリームを毛穴に塗ることで、毛を徐々に細く柔らかく、目立たないようにしていく処理方法です。

商品によって含まれる成分は異なりますが、例えば豆乳ローションなら豆乳に多く含まれる大豆イソフラボンという成分がムダ毛に働きかけてくれます。大豆イソフラボンは女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」と非常によく似た働きをするといわれており、人間の体毛をコントロールしている男性ホルモンを抑制する効果が期待できます。ムダ毛処理後の肌に塗るだけなので、痛みがなく面倒も少ないので気軽に始めやすい方法ではないでしょうか。

しかし目に見える変化が出にくく、効果を実感するまで時間がかかるというデメリットがあります。焦らず、気長に取り組んでいる人向けの方法かもしれません。また、永久脱毛とは違いあくまで“抑毛”なので、効果が出たあとも継続していかなければならないという面倒もあります。

 

ムダ毛処理にはどれが最適なの?
Closeup portrait of attractive young man face

ムダ毛処理方法はひとつではありません。それぞれに長所と短所があり、人によって選ぶべき方法は変わります。重要なことは「何を優先するか?」を考えることです。とにかく早く!という人ならサロンやクリニックでの脱毛が向いているでしょうし、お金をかけたくない、という人は自宅でカミソリや除毛クリームという方法を選ぶでしょう。

コスト、手間、効果、肌への負担、仕上がりの美しさなど、自分にとって何が一番大切か?と考えれば、自ずと答えは見えてくるかもしれません。