悩んでいる人必見!髭剃り跡を目立たせない方法は?


髭剃り跡の色味に悩んでいる男性は少なくありません。

剃り跡の色味に違いはあっても、せっかく髭を剃ったのに綺麗な仕上がりに見えないという点では共通しています。髭の剃り跡に色味が残るのにはもちろん原因があります。悩み解消のためにも、まずは剃り跡に目立つ色味が残る原因を探りましょう。ここでは、髭剃り跡を目立たせないためにはどうしたらよいかを解説します。

髭剃り跡の黒ずみはどうして起こるの?

髭剃り跡に黒ずみができるケースがありますが、これは色素沈着が原因です。

髭剃り跡に黒ずみができやすい部位は唇周りです。最初は黒ずみを剃り残しと勘違いして、何度も繰り返しシェーバーやカミソリを押し当てて剃り直してしまうことが多いようが、そうするとかえって黒ずみを悪化させてしまいます。

髭剃り跡の色素沈着は、毎日同じ箇所にシェーバーやカミソリを当てて髭剃りをすることによる摩擦が原因で起こります。髭剃りで皮膚の表面を削ると、皮膚はダメージを少しでも減らそうと肥厚化することで対応します。皮膚が厚くなったところには色素も蓄積しやすくなるため、他の部位よりも黒く見えるようになるわけです。黒ずみ対策は、髭剃りの際の摩擦をできる限り小さくし、皮膚が厚くなるのを防ぐことになります。

髭剃り時にはシェービングジェルなどで摩擦を減らし、剃った後は保湿ケアをすることで皮膚の肥厚化を防ぎます。また、日焼けによって黒ずみが濃くなるため、男性でも日焼け止めを使用してUVケアをするようにしましょう。既にできてしまった黒ずみは、皮膚のターンオーバーによって徐々に薄くなっていきます。つまり、新しい黒ずみが蓄積するのを防げば、だんだん黒ずみは解消されていくわけです。

髭剃り跡の赤みを何とかしたい!

髭剃り跡に赤みが残るのは、カミソリ負けしている証拠です。

炎症を起こしているのですから、そのまま放置して髭剃りを続けるわけにはいきません。炎症を抑えることを最優先させましょう。赤みの原因になっている肌の炎症は、髭剃り前の準備と髭剃り跡のケアで抑えることができます。

まずは、洗顔後に髭の生えている部分を蒸しタオルで覆って肌を温めて髭を柔らかくします。カミソリを使うときはシェービング剤を使い、カミソリがスムーズに動くようにします。剃る際には、深剃りしたくても逆剃りはできるだけ避けましょう。髭の向きに沿って剃り、剃り残した部分だけ逆剃りして仕上げるようにすると赤みを抑えられます。カミソリの刃は清潔を保ち1週間程度で交換するように心がけると、力をかけなくてもスムーズに剃れます。

剃った後は、シェービング剤を洗い流し、冷たい水で毛穴を引き締めます。さらに、化粧水や乳液などで髭剃り跡の肌をしっかり保湿しておくと、乾燥による赤みも抑えられます。

カミソリ負けしやすい人は、カミソリを電気シェーバーに替えるだけでも赤みが出にくくなる可能性があります。電気シェーバーを使う際も蒸しタオルやシェービング剤を使った下準備を行い、肌の上を滑らせるようにヘッドを動かして剃るようにしましょう。

髭剃り跡が青いのはなぜ?

髭剃り跡が青いのが悩みという男性は多いようです。

念入りに深剃りしても髭の剃り跡が青く見えてしまうのですから、気になって仕方ないというのもうなずけます。

しかし、髭剃りをすれば誰でも剃り跡が青くなるというわけではありません。まずは剃り跡が青い「青髭」の状態が剃り方によって生じるのか、髭の生え方や髭の太さなどの個人差によるものなのかを探っていきましょう。髭剃り跡が青い原因は、皮膚の下に残っている髭です。髭剃り跡が青い人は髭が濃く、肌の色も白いという特徴があります。いくらカミソリや電気シェーバーで髭を剃っても、毛根まで取り去ることはできないため、肌が薄く色も白い人は、皮下に残っている髭が透けて見えやすいのです。

また、髭が濃い場合、毛が密集して生えているだけでなく1本1本の髭も太いことが多く、剃った髭の断面積も大きく見えることになります。この原因をもとに青髭を解消する対策をあげると、髭を薄くするか、肌の色を濃くすることになります。

つまり、青髭を目立たなくする手っ取り早い方法は日焼けです。しかし、男性用の化粧品などで目立たせなくする方法もあります。一方、最も確実性が高いのは髭を脱毛するという方法です。毛根がなくなれば、透けて見えることがなくなるからです。

知りたい!髭剃り跡を消す方法

髭剃り跡がどのような目立ち方をするかは、髭の生え方や肌の色、剃り方などによって異なります。

髭剃り跡を消す方法も、原因に見合った方法を選ぶといいでしょう。
髭剃り跡に黒ずみが見られる場合は、黒ずみができる状態を放置せず、新たな黒ずみができるのを防止することが大切です。剃り跡に新しい黒ずみができないようにすれば、既にできてしまった黒ずみはターンオーバーによって消すことができます。

赤みが見られる場合は、剃り方を見直し、炎症を起こらなくするようにすることが重要です。肌への負担をできる限り減らし、カミソリ負けを起こさないように剃ったりケアしたりすることで赤みを消すことができます。

青髭が目立つ場合は、黒ずみや赤みが目立つ場合より厄介ですが、消す方法がないわけではありません。青髭は、皮下に残った毛根が皮膚に透けて見えている状態ですから、毛根が透けて見えない状態にすることが大事です。コンシーラーなど化粧品を使って青髭を消すこともできますが、根本的な解決を図るなら脱毛がおすすめです。

ただし、毛抜きを使って自分で抜こうとすると、毛穴に強い力がかかりやすいうえに、細菌の影響で毛嚢炎を起こしやすいのでやめておきましょう。メンズエステなどで髭を抜いてしまえば、青髭の悩みだけでなく、毎日の髭剃りの手間からも解消され、黒ずみや赤みの心配もありません。

悩みに合った解消法を選ぶことが大事

髭剃り跡の悩みを解消するためには、まずは普段どのような髭の剃り方をしているかよく思い起こしてみましょう。

もしかしたら、正しい髭剃りができていないためにトラブルが起きているのかもしれません。なぜ髭剃り跡が目立つのか、原因を突き止めたうえで、原因に合った対処をするようにしてください。肌が弱い場合や髭が濃い場合は、思い切って髭脱毛をすることが剃り跡の悩みの解消に繋がります。自分にとってのベストな方法をしっかり考えてみましょう。