お気に入りの髭のスタイルはしっかりお手入れで維持しよう


お気に入りの髭スタイルにしたいと思う男性も多いでしょう。

自分好みの髭スタイルは、気持ちが向上したり自信が持てたりする人もいるかもしれません。しかし、そのスタイルはしばらく維持できますが、髭が伸びてくるとそのスタイルは変わってしまいます。そのため、お気に入りの髭スタイルを長く楽しむためには手入れをして維持する必要があります。そこで、髭スタイルを維持するためにはどうすればよいのかについて、準備や方法、メンテナンスのコツなどについてご紹介します。

お気に入り髭スタイルの維持方法1.道具をそろえる

お気に入りの髭スタイルを維持するためには、それなりの準備が必要です。

特に、道具に関しては必要なものを揃えるようにしましょう。整っている髭スタイルでも、髭が生えてくれば変化してしまいます。つまり、髭スタイルの維持は髭が伸びることとの戦いとも言えます。

そのため、まず髭を剃る道具は欠かせません。髭剃りの道具としてはカミソリや電気シェーバーなどがあげられます。使い慣れているものを使用するのがよいですが、整える場所によっては、電気シェーバーでは対応しにくい場合もありますので一通り揃えておくことをおすすめします。

続いてはトリマーです。これは剃ることに対応するのではなく、髭をカットすることで一定の長さを維持するためのものです。また、コームも必要です。髪をとかす目的ですでに持っている人はそれを使う方法もありますが、髪の油などが付いている可能性がありますので、できれば専用のものを調達しておきましょう。

さらに、シェービングジェルや石鹸なども忘れないように準備します。髭スタイルによってはアイブロウペンシルまで用意したほうがいいケースもあります。

Vintage barber shop tools on old wooden background

お気に入り髭スタイルの維持方法2.余分な髭はきれいに剃る

お気に入りの髭スタイルは、できるだけ長期間維持したいと考えるものでしょう。

そのためには、しっかりと手入れする必要があります。手入れのポイントはいくつかあり、あご髭やほお髭、口髭など、髭の場所によってそのポイントは変わります。

しかし、どんな髭にも共通しているポイントがあります。それは余分な髭をきれいに剃ることです。これができれば、髭のスタイル維持に失敗することはほとんどなくなるでしょう。余分な髭をきれいに剃る方法は、カミソリを使用するのがコツです。

髭をカットする場合は、鏡に映った自分を見ながら剃ることになりますが、電気シェーバーの場合は剃る方向を考える必要があり、混乱してしまうことがあります。思っている方向にシェーバーを動かすことができずに時間もかかりますし、挙句の果てには大事な髭スタイルの一部を壊してしまうリスクもあります。

その点、カミソリであれば頭の中で方向を考えずに、常にやりやすい向きで細かく動かしながら余分な髭を剃ることができますので混乱せずに作業できます。

お気に入り髭スタイルの維持方法3.口髭編

髭スタイルの維持をするためには、口髭、あご髭、そしてフェイスラインに影響を与えるほお髭、それぞれに合った維持の方法を理解しておくことが大切です。

まず口髭の維持方法についてです。デザインの方法ですが、口ひげの縦幅を決めることが重要です。お気に入りの髭スタイルの状態から髭が伸びてくると、どのぐらいの縦幅だったか忘れてしまう可能性がありますので、ベストの長さを数値で測っておくと安心でしょう。剃ってはいけない部分との境界線は、アイブロウペンシルなどで印をつけるとわかりやすいでしょう。

縦幅のメンテナンスができたら次は口髭の終わりの部分、つまり口角の部分です。口角が上がった状態の延長線上に近い45%程度で斜めのラインを保つようにするのが一般的です。

個性的なスタイルの場合は、元々の角度をあらかじめ測っておき、その角度になるようにメンテナンスすることをおすすめします。手入れの方法としては、長ければコームでとかしながらカットします。中央部分を長く残すようにカットし、口角に向かって短くなるようにカットするとバランスがよくなるでしょう。

お気に入り髭スタイルの維持方法4.あご髭編

続いてあご髭のスタイル維持方法です。

あごは面積が広いため、さまざまな髭スタイルが楽しめる部分です。

しかし、広い分だけ余分な髭が生えやすい部分でもあります。また、あご先は皮膚部分が薄いにもかかわらず濃くて硬い髯が生えやすいため、手入れは慎重に行う必要があるでしょう。余分な髭をそり落としたあとは、あご髭のスタイル維持の基本であるカットを行います。コームでしっかりとかしながらカットします。右利きの場合は右から左、左利きはその逆にカットしていくのがコツだといわれています。

また、口髭と同様に中央部分は長めにカットして、サイドは短めにカットして仕上げるとスタイルがきれいに維持できるでしょう。カットはトリマーを使ってもカミソリでも問題ありません。やりやすい道具でメンテナンスをするのが基本です。一通り終わったら、コームでとかしてスタイルを確認した上で剃り残しがないかどうか最後に確認しましょう。

Young handsome man shaving in the morning

お気に入り髭スタイルの維持方法5.フェイスライン編

あご鬚は、人によってさまざまなスタイルのバリエーションを出しやすい部分です。

そのため、フェイスラインを意識して仕上げることがポイントです。あご髭を丸く仕上げる方法もありますし、三角形にしてシャープに仕上げたり四角形に仕上げたりする方法もあります。丸顔の人は縦長ラインが似合うように、面長の人は縦のラインに見えないように横のラインを重視するデザインが効果的だといわれています。

また、ほお髭の手入れもフェイスラインに影響を与えます。特にもみあげからあごの関節までのラインを意識するとよいでしょう。直線的に仕上げるとクールな印象、ラウンド状に仕上げると優しい印象になるといわれています。

また、顔が大きいことを気にしている場合は直線的なデザイン、えら張り顔の場合はなめらかな曲線を活かしたデザインにすると、バランスがとりやすくなります。お気に入りのスタイルを維持しながらも、フェイスラインのことも考えてメンテナンスすることをおすすめします。

まとめ

お気に入りの髭スタイルを維持するためには、まず電気シェーバーやカミソリ、コーム、さらにはアイブロウペンシルなどの道具を用意します。
最初に余分な髭をカットしたら、あとは口髭、あご髭などの場所別にメンテナンスしていきます。同じようにカットしても、フェイスラインが違えば印象も変わりますので、フェイスラインも意識して仕上げることが大切です。適切な方法を理解して、お気に入りの髭スタイルをきっちり維持していきましょう。