胸毛を剃るとかゆい!かゆみを抑える処理方法まとめ


ひげ剃りでも使うカミソリや電気シェーバーは全身のムダ毛処理に使えるありがたいアイテムです。

気がついたときにさっとムダ毛を処理できるのは便利ですよね。胸毛の処理にもカミソリや電気シェーバーを使いたいという人も少なくないでしょう。ただ、胸毛処理でカミソリやシェーバーを使う場合、処理後のかゆみが出やすいという気になる話もあります。ここでは快適に胸毛処理を続けるためにも知っておきたい、ムダ毛の処理方法とかゆみの関係を取り上げます。

胸毛を剃るとかゆいって本当?かゆくなる原因は?

胸毛を処理する方法の中で、かゆみが出やすいと言われているのがカミソリや電気シェーバーで胸毛を剃る方法です。これには主に2つの原因が考えられます。

1つはカミソリ・電気シェーバーを使った処理では処理後の毛先が尖ってしまうことです。胸毛は硬いので、処理後の毛先が尖った状態では毛先が肌に刺さりやすくなります。毛の長さがある程度長ければよいのですが、短くカットしてしまった場合には硬く尖った毛先がチクチクと肌を刺激してしまいがちです。そのため、処理後に毛が伸びかけてきたときにチクチク感が出たり、かゆいと感じたりしやすくなるのです。

もう1つはカミソリ負けです。これは特にカミソリで問題になります。カミソリは刃が肌に直接触れるため、ムダ毛を剃るときに肌の表面も一緒に削ってしまうことになります。たとえ血が出ていなくても、カミソリで剃ったあとは肌に小さな傷がたくさんついた状態になっているのです。したがって、逆剃りなどの無理な処理で必要以上に肌を傷つけたり、アフターケアをサボったりすると、肌トラブルが起きやすくなります。その代表的なトラブルの1つがカミソリ負けです。カミソリ負けは処理後の傷口に雑菌が入って炎症を起こす感染症で、湿疹や強いかゆみなどの症状が出ます。

カミソリでの処理には気をつけよう!かゆみを抑える安全な剃り方

特にカミソリを使って剃る場合、間違った方法で剃ってしまうとカミソリ負けなどのトラブルによりかゆみが出やすくなります。正しいカミソリの使い方を知り、ツライかゆみの症状を予防しましょう。

まず安全にカミソリを使うために重要なのは、きちんとした道具を揃えることです。切れ味が鋭く、清潔なカミソリを使いましょう。定期的に刃を新しいものに交換するほか、保管場所の衛生状態にも気を使いたいですね。また、カミソリはウェット剃りが鉄則です。専用のシェービングジェルやクリームも揃えておきましょう。
剃るタイミングも重要です。風呂上がりなど肌が温まった状態で剃ると力を入れなくても剃りやすくなります。ただし、お風呂場は湿度が高く雑菌が繁殖しやすい場所です。風呂上がりに剃りたい人は、必ずお風呂場を出てからムダ毛処理を始めるようにしてください。

肌を柔らかくしたら水気を取り、シェービングジェルやクリームを塗ります。毛が長い人はあらかじめ毛をバリカンやはさみなどで短くカットしておきましょう。
ここまで準備が終わったら肌にカミソリを当て、毛の流れに沿って一気に剃っていきます。カミソリを肌に押し付けないよう撫でるように優しく動かすのがポイントです。同じところを何度も剃ったり、最初から逆剃りをしたりするのは避けましょう。
処理が終わったらシェービングクリームやジェルを取り除き、冷やしたタオルなどで肌を冷やします。赤みなどが取れ、肌の様子が落ち着いたらアフターシェービングローションなどで保湿ケアを行います。

胸毛を剃るとかゆい!かゆみを抑える処理方法まとめ

脱毛クリームやワックス脱毛で処理!かゆみは大丈夫なの?

チクチクとしたかゆみを避けたいなら脱毛クリーム(除毛クリーム)やワックスで胸毛を処理してみるのもいいかもしれません。

これらの方法は処理後の毛先が尖らないため、毛が生えてきてもチクチクしないというメリットがあります。
脱毛クリームを使ったムダ毛処理方法は毛を溶かして処理する方法になります。脱毛クリームに含まれるチオグリコール酸カルシウムには、毛のタンパク質を溶かす成分が含まれており、気になるムダ毛を毛穴から溶かして処理できます。クリームを塗るだけで除毛できるため、広い範囲に生えたムダ毛も簡単に処理できるのがメリットです。製品によって成分の配合の仕方などに差がありますので、必ずパッチテストを行ってから使うようにしましょう。

ワックス脱毛は専用の脱毛ワックスを使い、毛を抜いて処理する方法です。肌にワックスを塗って乾かしたあと、ワックスを剥がしながらムダ毛を一気に引き抜いていきます。根本から毛を抜いて処理するため、脱毛クリーム同様に仕上がりもツルツルになります。毛の量が少ないのなら毛抜きで1本ずつ抜くという方法もありますが、毛の量が多かったり生えている範囲が広かったりする場合はワックスがおすすめです。使い方のコツをつかめば短時間で大量の毛を一気に処理できます。

メンズ脱毛ならアフターケアもばっちり!かゆみ対策は安心

ムダ毛処理に伴うかゆみ対策としては、メンズ脱毛を行っている脱毛サロンやクリニックでプロに脱毛してもらうのもよい方法です。

日本の場合、脱毛サロンの光脱毛やクリニックのレーザー脱毛といった、肌に特殊な波長の光を照射して脱毛する方法が主流です。この光にはメラニン色素に反応して熱を帯びる性質があり、ムダ毛の生産工場である毛根にダメージを与えることでムダ毛を生やす力を奪っていきます。毛が根本から自然に抜けるのでチクチクしませんし、肌に傷を作らないのでカミソリ負けを起こすこともありません。脱毛効果が出てくるまでに時間やコストはかかりますが、施術の回数を重ねるうちに少しずつ生えてくるムダ毛が薄くなってきます。

また、肌の冷却・保湿といったアフターケアが施術内容に含まれているのもポイントです。特にクリニックの場合は医師による脱毛になるだけに、万が一肌トラブルが起きたときでも迅速に対処してもらえます。脱毛サロンの中にも医療機関と提携し、ドクターサポートを受けられるようになっているお店があります。
光脱毛とレーザー脱毛はほとんど似たような仕組みを利用した脱毛方法になりますが、効果の出る早さや痛みの強さといった点に違いがあります。どちらにもメリット・デメリットがありますので、予算や肌質などを考えつつどちらの施術を受けるか決めると良いでしょう。

胸毛を剃るとかゆい!かゆみを抑える処理方法まとめ

まとめ

胸毛は処理の仕方によってはムダ毛処理後にかゆみが出やすい場所です。

特にカミソリを使って剃るときは、カミソリ負けを起こさないように十分注意する必要があります。かゆいのを予防しながら胸毛を処理したいのであれば、かゆみが出づらい除毛クリームやワックスで除毛する、サロンやクリニックのメンズ脱毛に通うといった方法もあります。コストや肌の丈夫さ、手軽さなどを考慮しながら、自分に合った処理方法を探す必要性があると言えるでしょう。