すね毛を薄くしたい!男のムダ毛を減らす処理方法とは?


ムダ毛を気にするのは女性だけではなく、今ではすね毛を気にする男性も増えてきています。特に、プールに行く時やハーフパンツを履いた時は、女性の目が気になりますね。だからといってツルツルにするのには抵抗があるのではないでしょうか。ここでは、ちょうどいい自然なすね毛にするためにはどんな処理の仕方があるのかをご紹介していきます。

つるつるにするだけが脱毛じゃない!女性の気持ちを考えて…

4-2

すね毛が気になるけれど、どこまで剃ったらいいのか悩んでしまう男性は多いのではないでしょうか。女性の場合は、すね毛やムダ毛をツルツルに処理をするので、脱毛というと同じようにツルツルにするイメージがあると思います。しかし、女性がそれを男性に望んでいるのかというと、そうでもないようです。好みの差はありますが、剛毛なすね毛は見たくない、だからといってツルツルの足や剃った後から生えかけたすね毛も見たくないという、なかなか厳しい意見も少なくなく、さりげなく自然なすね毛になるように処理をしてほしいと思っている女性が多いようです。

抑毛剤で薄くなる!?どんなメリットが期待できるの?

抑毛剤は、ほとんどがクリームやジェル、ローションなので簡単に塗ることができ、ムダ毛を目立たなくさせることができます。毛深くなったり毛が濃くなったりするのは男性ホルモンの影響によるものなので、女性ホルモンと同じような働きをするイソフラボンやザクロエキスが主成分の抑毛剤は、ムダ毛の成長のスピードを抑えたり薄くしたりする効果があります。ほとんどの抑毛剤は低刺激性で肌への負担が少ないので、敏感肌の人も安心して使用することができます。また、スキンケア効果があるので、同時に肌荒れのケアもできます。脱毛剤のように即効性はありませんが、使い続けていくうちに少しずつ薄くなり、発毛のスピードが遅くなっていきます。自然と薄くなっていくので、周りの人に気づかれないことも嬉しいですね。

脱毛器で薄くできる!ムダ毛を減らす上でのメリットや特徴は?
hair clipper, comb and scissors on white background

脱毛器は、脱毛エステやクリニックに行った時に使われるものと思っている人が多いのですが、今ではさまざまなメーカーから家庭用脱毛器が発売されています3つのタイプがあり、主流は光脱毛をベースにしたフラッシュタイプです。仕事などで忙しく、脱毛エステやクリニックに行く時間がない人にとって、自分のスケジュールに合わせて自宅でできることは大きなメリットになります。また、まだまだ男性がエステやクリニックに通うのも勇気がいるのではないでしょうか。自宅でなら誰かに見られたら、という心配もなくリラックスして行うことができます。最近では脱毛エステの価格も安くはなってきていますが、何回も通えば当然高額になってしまいます。脱毛器があれば、消耗品であるカートリッジ代金は必要ですが、施術代などのお金の心配をせずに何回でも使えて、使えば使うほどお得になります。

カットで薄く!バリカンやレッグトリマーの魅力とは?

自然に毛のボリュームを減らすことができる便利な道具に、バリカンとレッグトリマーが挙げられます。今では、充電式コードレスのバリカンもあり、パワーもあるので簡単にカットすることができます。また、アタッチメントがついているので、カットする長さを調節することができます。レッグトリマーは、刃と肌の間に隙間があるので全ての毛を完全に剃り落とすことがないため、自然に量を減らすことができます。繰り返し何度も毛をとかすようしていくと、少しずつすね毛が減っていくので、微調整ができますから失敗することはほとんどありません。ただし、時間が多少かかりますので、まずはバリカンですね毛を薄くカットして、その後レッグトリマーを使って長さの微調整を行うと、スピーディに良い感じに仕上がります。すね毛をナチュラルに減らすには、おすすめの方法ですよ。