髭の白髪をなんとかしたい!脱毛するための方法や注意点まとめ


髭に白髪が混ざっているのを見てショックを受けた……という経験を持つ人は少なくありません。髭に白髪ができるのは髪よりも早く、30代前半から徐々に白髪が髭に混じる人が増えてきます。髭の白髪は、その人を老けた印象に見せてしまいます。高齢になって髪も髭も白いというのならまだしも、若いうちから白髪とお付き合いするのは精神的に辛いかもしれません。そこで「白髪を見るのも嫌だ」という人のために、脱毛で生えてくる白髪をなくしてしまう方法を紹介します。

髭の白髪は脱毛できる?レーザー脱毛は無理なの?

脱毛業界の主流となっているのがレーザー脱毛や光脱毛(フラッシュ脱毛)です。前者は医療機関であるクリニックで、後者は脱毛サロンやエステサロンで行われています。レーザーやフラッシュを肌に照射して脱毛していくため、一度に広範囲を施術できるのが特徴です。毛の成長サイクルに合わせて施術を何度も受けることでムダ毛を薄くすることができます。特にクリニックのレーザー脱毛は毛根を破壊する「永久脱毛」になりますので脱毛効果も高いです。

レーザー脱毛や光脱毛で使われるマシンは、毛根に多く含まれるメラニン色素に反応し、熱を発生させて脱毛していきます。メラニン色素を多く含む毛、色が濃く太い毛ほど効果が出やすい方法です。一方、メラニン色素の少ない細い毛や色が薄い毛には効果が出づらいといわれています。それでは白髪はどうかというと、白髪にはメラニン色素がまったく含まれていません。白髪は毛根内のメラノサイトがメラニン色素を作れなくなることで発生します。つまり、白髪は毛根内のメラニン色素がゼロという状態なのです。これではいくらレーザーやフラッシュを照射しても、毛が全く反応してくれません。現状においてレーザー脱毛や光脱毛では白髪の脱毛はできないということです。

髭の白髪だけを脱毛する場合、レーザー脱毛・光脱毛以外の選択肢を考えることになります。それは針脱毛・ニードル脱毛です。電気を利用するこの方法なら、メラニン色素の有無に関係なく毛を脱毛することができます。白髪やほくろに生えた毛といったレーザー脱毛・光脱毛では脱毛できない毛にも可能です。しかも100年以上の歴史を持つ脱毛施術のため、脱毛効果も十分に実証されています。

髭の白髪をなんとかしたい!脱毛するための方法や注意点まとめ

白髪脱毛をする前に!知っておくべき注意点

白髪を脱毛するならニードル脱毛一択といっていいでしょう。ニードル脱毛では毛穴の中に針を刺し、そこに電流や高周波を流して毛の毛根を1つずつ破壊していきます。1本ずつ毛を処理していくことができるため、数本だけ生えた白髪にも対応できます。

ニードル脱毛はレーザー脱毛・光脱毛とはまったく違う仕組みの脱毛施術になります。それだけに、施術の流れや事前準備、料金設定などが独特です。レーザー脱毛・光脱毛の経験者はびっくりしてしまうかもしれません。

まず事前準備の点についてですが、ニードル脱毛では毛を1本ずつつまみながら処理していくことになります。そのため、脱毛したい箇所について、あらかじめ毛を最低でも5mm~1cm程度伸ばしておく必要があります。少なくとも施術前2週間は髭を剃らないようにしましょう。クリニックで脱毛するときは事前に血液検査も必要になります。

次に施術についてですが、レーザーやフラッシュが照射するだけで脱毛できるのに対し、ニードル脱毛の場合は1本ずつ毛を処理していくことになります。客側の痛みへの耐性や施術者の技術などによっても処理のスピードは変わりますが、1分あたり10本前後が目安です。白髪の本数が多い場合は施術時間が長くなると考えておきましょう。脱毛施術のなかでも痛みが強い方法になりますので、人によっては長時間の痛みに耐える覚悟が必要です。

施術料金については1部位いくらではなく、1本または1分いくらで決まることが多いです。また、感染症を防ぐために脱毛に使う針は買い取り式になります。施術料金に針代が含まれていないサロン・クリニックでは別料金として針代が必要です。白髪の本数によっては高額の施術費用になる可能性があります。

白髪脱毛で行ってくれるサロンはどこ?脱毛効果は?

毛穴を一つひとつ丁寧に処理するニードル脱毛には高い技術力が必要とされます。また、光脱毛やレーザー脱毛に比べると痛みが強く施術料金も高くなりがちというデメリットがあります。しかし、白髪が脱毛できるなどニードル脱毛にしかない利点もあります。しかもニードル脱毛は毛根を破壊できるため、脱毛効果が高い脱毛方法になります。レーザー脱毛と同じく「永久脱毛」に分類されるため、一度施術が終わった毛穴については、再び毛が生えてくる可能性がかなり低く抑えられるのです。どんな毛も確実に脱毛できるニードル脱毛のニーズはまだまだ健在といえるでしょう。

脱毛サロンのなかにも光脱毛だけでなく、ニードル脱毛(美容電気脱毛)の施術も行っているサロンがあります。髭の白髪に困っている人は、ニードル脱毛を行っているサロンを探してみましょう。大手メンズエステから個人店までさまざまな規模のお店があります。ニードル脱毛のメニューがある脱毛サロンは、それをお店の売りにしていることが多いです。お店候補をまだ決めていない場合は、Webで各サロンの公式ページを調べてみましょう。

サロンはできれば自宅や勤務先から通いやすい店舗のあるお店を候補にすることをおすすめします。毛周期と呼ばれる毛の成長サイクルの関係で、施術するときに全ての髭が生えそろっているわけではありません。ニードル脱毛は処理した分の白髪は確実に取り除けますが、未処理の個所は再度施術しに何度か通う可能性がありますので、通いやすいお店を選ぶといいでしょう。

髭の白髪をなんとかしたい!脱毛するための方法や注意点まとめ

まとめ

白髪にはメラニン色素が含まれていないため、クリニックや脱毛サロンの主流ともいえるレーザー脱毛・光脱毛では脱毛できません。そのため、髭の白髪を脱毛する場合、メラニン色素に施術結果が左右されないニードル脱毛で脱毛することになります。1本ずつ毛を処理していく施術になりますので、髭に混じってしまった白髪の部分だけを処理することも可能です。白髪を脱毛したい人は、ニードル脱毛の施術メニューがあるサロンを探しましょう。