お腹の毛を抜くのはあり?リスクと対処法まとめ


「ギャランドゥ」と呼ばれ、一部ではセクシーな特徴としてもてはやされる男性のお腹の毛ですが、メリットばかりとは限りません。

毛深い男性よりも体毛が少ない男性を好ましく思う女性もいます。もし濃くて気になるのであれば、体毛処理を考えた方がいいかもしれません。欧米では男性が体毛を処理するのは当然のエチケットであり、日本にもその価値観が浸透しつつあります。今回は、お腹の毛を毛抜きで抜く方法についてご紹介します。

毛抜きを使ってお腹の毛を処理!やり方は?

お腹の毛を処理にはさまざまな方法があります。

たとえば散髪はさみで毛をカットする人もいれば、シェーバーを使う人もいます。また、ガムテープやブラジリアンワックスなどを使って手っ取り早く毛を抜く方法もあります。「切る」派はお腹にダメージが少ない代わりに毛の根元が残ってしまいがちで、「抜く」派は根元から毛を処理できる代わりに痛みが伴います。それぞれのメリットとデメリットを考慮しながら、自分に合った方法を探す必要があります。

毛抜きでの処理方法も一般的です。お腹の毛はすねや脇の毛に比べると範囲も本数も少ないため、毛抜きを使っても十分に処理できます。毛抜きの使い方としては、毛根から毛が抜けるように焦らず一本一本抜いていくことです。毛の先端が切れてしまい、短い毛が残ってしまうと処理がしにくくなります。根元からきれいに抜く意識で処理していきましょう。

スムーズに毛を抜いていきたいなら、お風呂上りなど肌が柔らかくなっているときに行うのが効果的です。抜いた後には、肌へのダメージを軽減するために、必ず乳液やローションを塗っておきましょう。

毛抜きで抜くと薄くなるって本当なの?

毛抜きでお腹の毛を処理すると、他の方法よりも処理跡が薄くなるという説があります。

理由としては、毛を根元から抜けので、カミソリのような剃り残しが発生しないから、といわれています。また、根元から抜くと毛が再び生えにくくなると考えている男性もいます。

確かに、毛抜きを使えば剃り残しができにくいのは事実です。丹念に一本一本抜いていけば、処理した直後はお腹がきれいに見える人も多いでしょう。

しかし、毛抜きでミスをしてしまえば、毛が抜けずに残ってしまうケースがあります。中途半端に根元が残ってしまった毛は道具を使っても処理しにくく、目立ってしまうでしょう。

また、「抜くと生えてこない」と考える人もいるかもしれませんが、それは違います。毛を生やすために作用している細胞を「毛乳頭」と呼びますが、毛を抜けば毛乳頭が破壊されるわけありません。毛乳頭が残り機能し続けますので、毛は再び生えてきます。間違った知識に基づいて毛抜きによる処理を続けていると、思ったような結果が出ず、イライラしてしまうこともあるのではないでしょうか。

お腹の毛を抜くのは危険!?毛嚢炎や埋没毛のリスク

お腹の毛を抜くのには、見た目以上のリスクもつきまといます。

人間の皮ふは敏感であり、強い刺激を受けると肌荒れや腫れが誘発されることがありますが、毛を抜くことは特に刺激が大きいのです。抜いた跡が赤くなり、それが治りにくくなって行ったりする可能性もあるでしょう。そうなると、ムダ毛を処理できないだけでなく、見た目が悪くなるというデメリットも重なります。

肌に蓄積したダメージは、さらに厄介な症状の原因になることがあります。たとえば、毛根に雑菌が入り込んで引き起こす毛嚢炎です。毛嚢炎は毛穴が化膿している状態なので、鋭い痛みやかゆみを伴います。かゆみに耐えられず、かきむしってしまって出血し、再び毛嚢炎が悪化するという悪循環も起こりえます。毛嚢炎が悪化すると、赤く膨れ上がり大きなできものが生まれてしまいます。毛嚢炎の症状は治まってもできものは跡になってしまい、男性を悩ませてしまうケースも少なくありません。

毛を抜くのに失敗すると、埋没毛という現象が起きることもあります。埋没毛は皮膚が毛穴にフタをしてしまい、無駄毛が皮ふの中に残ってしまっている状態です。黒い斑点のようになって見た目も悪くさせますし、毛に含まれる黒い色素が肌に沈着してしまい、解消の難しい肌トラブルへとつながりかねません。

Detail of surgical instruments and tools on a tray covered with green cloth

毛抜きのようなダメージはない?除毛クリームが良い理由は?

毛を抜くよりもリスクが少なく、カットするよりも見た目が美しく整う方法として除毛クリームが挙げられます。

もちろん除毛クリームの効用には個人差があり、肌に合わない人もいますが、基本的にこれらのデメリットは少数派の意見といっていいでしょう。

使い方は簡単で、あらかじめシェーバーなどで短く剃っておいたお腹の毛に、除毛クリームを塗り込み、時間を置いて流すだけです。適量に関しては、商品ごとの使用上の注意に従いましょう。塗ってしばらく時間が経過すると、毛が消え始めて美しい肌が手に入ります。除毛クリームには毛を溶かす成分が含まれており、毛に成分が浸透すればスムーズな除毛が行えます。

除毛クリームのメリットとしては、まず痛みがないことが挙げられます。毛抜きでは避けられなかった痛みがなく、ストレスなく毛の処理が実現します。

次に、仕上がりの美しさです。道具を使った毛の処理では、剃り残しや埋没毛が発生しやすく、見た目はもちろん後々の肌トラブルにもつながってしまうことがあります。しかし、除毛クリームは毛を溶かすものですから、剃り残しは起きません。十分な効果が発揮されればサラサラの肌を手に入れられるのです。

まとめ

お腹の毛は多くの男性にとって処理が難しい部分です。

見た目の清潔感を保つためには処理したい部分でありながら、処理を間違うと肌荒れにつながりやすく、細心の注意が必要です。体の前面ということもあり、肌トラブルが起きるとごまかしにくいです。海やプールの季節になると処理方法に悩んでしまう男性も少なくないのではないでしょうか。

毛抜きは有効な方法として男性の中で広まっていましたが、デメリットも多くあります。確かに毛を処理するだけなら効率的な方法ですが、副作用の大きさを考えるとお勧めできるとは言えません。毛抜きよりも除毛クリームのほうが、安全かつ美しい毛の処理を行えます。これまで道具に頼って毛の処理を行ってきた人は、クリームでの脱毛を試してみはいかがでしょうか。