気になる男のムダ毛処理事情!外人男性編


所変わればムダ毛の処理事情も変わります。日本でもムダ毛処理を始める男性が増加しつつあるものの、まだまだ未処理の人も多いというのが現状です。

一方広い世界では、すでにムダ毛処理が常識化しているという国もあります。衛生面で都合がよい、宗教上の理由などその理由はさまざま。

また、ムダ毛を処理する範囲についても国によって差があるようです。このコラムでは日本人男性も気になる?外人男性のムダ毛処理事情を紹介します。

欧米人男性は脱毛に積極的!その理由は一体?

欧米人男性は日本人に比べて脱毛に積極的な傾向があります。

アンダーヘアの処理はほぼ常識ですし、スポーツ選手などでは脇や足など全身を処理しているケースも珍しくありません。ロードバイクやサッカーなどのスポーツをやっている人は、ほぼ間違いなく全身の毛を剃っています。これは単に見た目の問題というだけではなく、実用上のメリットがあるためです。

ムダ毛を伸ばしておくことはスポーツをする上ではリスクになります。たとえばロードバイクの場合、ケガをしたときにムダ毛が傷口に入って傷の治りが遅くなる、マッサージがしづらいなどのデメリットがあります。毛が生えていることで空気抵抗が生まれ、タイムが遅くなるという話もあります。

また、サッカーなどでもムダ毛を伸ばしっぱなしにしていると、身体がぶつかりあったときに毛が引っ張られるなどしてケガをするリスクが増えます。このように、スポーツ選手にとってムダ毛は邪魔な存在なのです。

また、欧米では一般的とも言える、タトゥーを入れている男性も脱毛に熱心です。ムダ毛が生えているとタトゥーが入れづらいだけでなく、せっかく入れたタトゥーが引き立ちません。タトゥーをより美しく見せるためには肌がツルツルのほうが望ましいのです。

外国人男性のムダ毛に対する意識は?アンダーヘアはツルツルが普通?

一口に外人男性といっても住んでいる地域はさまざま。特に脇毛やすね毛などをどうするかについてはお国柄や個人の美意識による意識差があります。

男性のムダ毛処理が盛んと言われる欧米諸国でも、腕や足などに関しては個人の好みに任される部分があるようです。脇毛に関しても国によっては寛容です。
一方、厳しい視線が向けられやすいのがアンダーヘアです。この部分の毛に関しては欧米やイスラム圏など全処理するのが普通という国がかなりあります。こうした国々では男性も女性もツルツルにしている場合がほとんどです。

アンダーヘアの処理に熱心な国が多いのには、主に衛生上の理由が関係しています。アンダーヘアが生えていると、蒸れやすくなる、毛に排泄物が絡まるなど、陰部が不衛生な状態になります。またケジラミなど感染症のリスクもあります。

こうしたことから、アンダーヘアを全処理するのがエチケットとして定着しているのです。アンダーヘアの処理が一般化しているこれらの国々では、アンダーヘアが残っていると「不潔」という印象を持たれます。実際海外で活躍する日本人スポーツ選手などは、周囲のチームメイトに合わせてアンダーヘアの処理を始めるケースがほとんどのようです。

気になる男のムダ毛処理事情!外人男性編

国や宗教によりけり?ムダ毛の意識と対処法

ムダ毛への意識や処理する範囲については、各国の宗教・文化の影響が色濃く現れます。

中国のようにムダ毛処理をするという文化がまったく存在しない国もあります。

一方、同じアジア圏でも日本や韓国はムダ毛への美意識が比較的高い国です。ただ個人差が大きく、まったく未処理の人もいます。また、アンダーヘアについてはヨーロッパや中東に比べると、まだまだ処理が一般化しているとまでは言えません。ヨーロッパでは遠くはギリシャ・ローマ時代から身体のムダ毛を処理する伝統がありました。現代でもアンダーヘアや脇毛などが許せないという人は多く、男性の間でもムダ毛処理は盛んに行われています。

また、イスラム教ではムダ毛処理が宗教上の義務になっています。衛生上の観点からアンダーヘアと脇毛に関しては「定期的に剃る(抜く)ように」と教典コーランに書いてあるのです。最低でも40日毎にこれらの部分の毛を処理することがイスラム教徒としての義務になっています。ただし、髭や胸毛をツルツルにする習慣はありません。

ムダ毛の処理方法についても国や人種による差があります。毛に含まれる色素の量や肌の色の濃さなどから、日本人男性と外人男性とでは適した脱毛方法も変わってくるのです。

外国人男性はどんな風に処理している?メジャーな脱毛方法

日本では脱毛サロンやクリニックで光脱毛やレーザー脱毛の施術を受ける人も多いですが、多様な人種が暮らす外国では少々事情が異なります。

光脱毛やレーザー脱毛は毛や肌の中に含まれるメラニン色素に反応するため、肌や毛の色によってマシンを使い分ける必要があります。そのため、外国人男性のあいだでは光脱毛やレーザー脱毛は日本ほど普及していません。気になるムダ毛を素早く除毛できる自己処理や、どんなムダ毛も確実に処理できるニードル脱毛などが人気です。

まず自己処理方法として、国を問わず人気なのがカミソリを使って剃る方法です。電源もいらず、ムダ毛を素早く剃れるのが魅力なのかもしれません。また、アメリカやヨーロッパ、イスラム圏ではワックス脱毛の普及率が高いです。広い範囲に生えたムダ毛も一気に処理できるというメリットがあります。これらの方法以外にも、電気シェーバーや除毛クリーム、脱毛器を使ってムダ毛処理をしている人もいます。

一方、プロの施術を受けたいという人についてはどうでしょうか。肌や毛の状態によってはレーザー脱毛を受けるという選択肢もありますが、メラニン色素に関係なく施術できるニードル脱毛を選ぶパターンも多いようです。

気になる男のムダ毛処理事情!外人男性編

まとめ

海外では男性のムダ毛処理が常識になっている地域も数多くあります。

どこの毛をどの程度処理するかについては各国の文化や個人の趣味嗜好によって差がありますが、少なくともアンダーヘアについてはツルツルにしておくべきと考える人も多いです。日本でも男性の美意識が高まり、ムダ毛処理に関心を寄せる人も増えています。

ある意味日本人男性の感覚がグローバルスタンダードに近づきつつあると言えるのかもしれませんね。