bbクリームとccクリームの違いを教えて!選び方の基準は?


bbクリーム、ccクリームといわれて、その違いを分かる人はそういないかもしれません。しかし、違いを把握して自分な肌や悩みによって使い分けることで、肌の悩みをしっかりとカバーする、美容効果を実感することができます。流行っているからとりあえず使ってみる、というのではなく、本当に自分の肌に合った物を使って、美しい肌を演出しましょう!ここでは、bbクリームとccクリームの違いや選び方をご紹介します。

bbクリームの特徴とは
smudged liquid foundation isolated on white

bbクリームは、化粧下地やファンデーション、日焼け止め、コンシーラーなどの機能がひとつになっているところが大きな特徴といえるでしょう。短時間で簡単にメイクを完成させたい、忙しいのでメイクにとれる時間があまりない、でもカバー力は欲しいという人から人気を集めています。bbクリームのbbとは、Blemish balm(気になる部分の保護)からきており、美容手術後の肌の炎症を押さえつつ、紫外線をカットして傷跡を隠し、肌を守るという役割を持つクリームですので、クリーム状のコンシーラーととらえてもいいかもしれませんね。肌悩みはしっかりカバーしつつ、厚塗りにはなりたくないという人にも選ばれています。

ccクリームの特徴とは

COLOR CONTROLという意味を持たせているメーカーもあれば、COMPLETE CORRECTIONという意味であるとしているメーカーもあり、明確な定義はなくメーカーによって異なります。しかし、肌の色を補正して悩みをカモフラージュし、保湿美容液をつけたような肌の滑らかさを実感できます。肌の乾燥が気になる人はオールシーズンでccクリームを使い、季節ごとに肌悩みが変わるという人は季節によって違う化粧下地を取り入れるという選び方もいいですね。ccクリームのみで仕上げると、とてもナチュラルな仕上がりになり「もともとすっぴんがきれいな人」という印象の肌に仕上げることができます。

bbクリームとccクリームの決定的な違いって?!

大きな違いとしては、カバー力とテクスチャーでしょう。bbクリームは、欠点や悩みをしっかりとカバーする役割を持っており、ファンデーションに美容効果をプラスしたもの、という感覚でいるといいでしょう。しっかりとカバーしたいという人におすすめです。テクスチャーもクリーム状のものが多く重めです。それに対してccクリームは、しっかりと肌悩みをカバーするというよりは、カモフラージュする、化粧下地に美容効果をプラスしたもの、と考えるといいですね。テクスチャーも軽めでさらっとしています。ccクリームは基本的には化粧下地なので、上からファンデーションをつけてください。

場面に合わせて使い分けよう!2つのクリームの選び方

close-up portrait of young beautiful woman with cosmetic foundation

肌悩みをしっかりとカバーしたい、という時にはbbクリームの出番です。bbクリームをそのままファンデーションとして使う場合、肌の色に合ったものを使わないと仕上がりが不自然になってしまい、かえって厚塗り感が出てしまいます。購入するときにフェイスラインにつけてみて、首との色差が出ないかどうか確認してください。bbクリームの場合、上からルースパウダーやプレストパウダーを使うときれいに仕上がり、もちも良くなりますので、一緒に使うパウダーとの相性も重要です。選ぶときには慎重に選びましょう。ccクリームは、基本的には化粧下地ですので、使うファンデーションと相性のいいものを選ぶこと、自分の肌悩みに対して嬉しい実感を得ることができるのか、どんな機能があるのかをしっかりと見極めてください。購入する前に自分がどんな肌になりたいのか、どんな肌を演出したいのかを考えておくと選びやすくなります。ccクリームは化粧下地なので、最初はファンデーションと同じメーカーで揃えると相性もいい場合が多いです。よく見極めて、自分にとって最適な1本を見つけてくださいね!