男のすね毛はどう処理する?おすすめの処理方法をご紹介!


ハーフパンツや水着を着るときにすね毛が気になる…という人もいるでしょう。

望ましいすね毛の状態については「自然で薄いのがいい」という人から「ツルツルにしたい」という人まで、人によってさまざまな意見があるようです。もともと毛の量が多い人の場合は、確かにある程度処理しておいたほうが清潔感のある印象になるでしょう。清潔感はデキる男の身だしなみです。正しいすね毛の処理の仕方を知って、堂々と着たい服で露出できる足を作りましょう。

長いすね毛を剃るときは事前にはさみでカットを

すね毛処理ではカミソリやバリカン、すきカミソリ、除毛クリームなどの脱毛グッズを使います。

ただ、すね毛が長く伸びた状態になっている場合、使う脱毛グッズによっては上手に処理できない可能性があります。たとえば、カミソリで剃る場合、毛が長いとカミソリの刃に引っかかってうまく剃れません。毛を溶かして処理する除毛クリームも仕上がりにムラが出やすくなります。

綺麗に仕上げるためにも、処理を始める前にあらかじめはさみである程度の長さまでカットしておくといいでしょう。あとできちんと処理しますので、はさみでカットする長さはあまりこだわらなくても大丈夫です。はさみで毛をある程度短くカットしておくことで後の作業がスムーズになりますよ。

すね毛で抜いて処理するならガムテープを使ってもよい?

スポーツなどで常に足を露出するような人の中には、すね毛をツルツルに処理したいと思う人がいるかもしれません。

しかし、カミソリなどですね毛を剃ると、毛の根元部分は残って毛穴が目立ってしまいがちです。もし根元から毛を処理したいのであれば、毛を抜いて処理する方がいいかもしれません。とはいっても、お手軽だからとガムテープを使って無理やり毛を抜くことはやめましょう。ガムテープはムダ毛処理のために開発されたアイテムではないので、保湿成分など肌を保護する成分はまったく含まれていません。

しかも粘着力が強いため、ムダ毛を抜くときに肌の表面まで剥がしてしまうリスクもあります。気になるところに貼って剥がすだけという簡単さは魅力かもしれませんが、肌荒れや埋没毛、色素沈着などのトラブルが起きる可能性を考えると、避けた方がいいでしょう。もし抜いて処理したいのであれば、脱毛専用に開発された脱毛ワックスがあります。

ナチュラルなすね毛が欲しいならすく処理がおすすめ

「全身ツルツルにしたい」という女性のムダ毛処理とは違い、男性は部位によっては少し体毛を残したほうが自然に見えます。

すね毛についても、ツルツルにすることには違和感があるかもしれません。だからといって濃いまま放置しておくのも「見た目の清潔感」という意味では問題がありそうですよね。

そこで調度いい具合に処理できておすすめなのが「すね毛をすく」方法です。すく処理方法では、すね毛をすいたり長すぎる毛をカットしたしりして全体の毛量をコントロールします。濃いすね毛を適度に薄くでき、ナチュラルな仕上がりになるのが特徴です。すね毛をきれいにすくための道具としては、すきカミソリやバリカンといったものがあります。

すね毛をすくにはすきカミソリが手軽

すね毛をすく道具のなかでも、安価で気軽に使えるのがすきカミソリ(カッター)です。

メーカー品もありますが、安いものなら100円均一ショップにも売っています。すきカミソリは刃にコームがついていて、ある程度毛の長さを残しつつムダ毛を剃ることができます。コームによってすく際の毛の長さや量が調整できるので、何種類かのコームがセットになっている商品を選ぶといいでしょう。

すきカミソリの使い方としては、刃をやや寝かせた状態で毛の流れに逆らうように下から上に向かって動かします。このとき寝かせる角度は、肌に対して水平に近いほど毛を短くカットできます。長めにカットしたい場合は、30度から60度くらいの角度で刃をあてるようにするとよいでしょう。この作業をすね毛が自分の好みの濃さになるまで繰り返します。

初心者でも安心!バリカンですね毛をすいて処理してみよう

すきカミソリは、刃を寝かせる角度などに慣れやテクニックが必要です。

人によってはうまく処理できないこともあるかもしれません。そういった人は、電動式のバリカンを使ったすね毛処理を試してみましょう。バリカンは、元々毛の長さを残しながら毛を刈り上げることができるアイテムです。剃った後がツルツルになってしまう普通の電気シェーバーとは違い、毛を好みの長さに残しながらムダ毛を剃ることができます。

また、電動式だけあって、初心者でも均一に毛をカットできるのも魅力です。アタッチメントを変えることで毛の長さも調整できます。短くカットしすぎるとチクチク感が出ることがありますので、最初は長めにカットできるアタッチメントを使用するのがポイントになります。

すね毛処理後のチクチク感…その原因と対策とは?

すね毛処理のあとにチクチク感が出て困った…という経験はありませんか。

ムダ毛処理後にチクチク感が出るのは、尖った毛先が肌に当たってしまうのが原因です。カミソリなどで毛を剃る・すくような処理を行うと、毛先が斜めにカットされることにより鋭く尖ってしまうのです。特に男性の場合は太く硬いすね毛が生えやすいため、伸び始めの短い時期に毛が針のように肌をチクチクと刺してしまう場合もあります。

毛がある程度長く伸びてくれれば、毛が途中で折れるので毛先が肌に刺さることはなくなります。そのため、すね毛処理後のチクチク感を抑えるためには、毛の長さを長めに残してカットするか、剃る・すく以外の処理方法で処理するといいでしょう。また、刺激から肌を保護するために、処理後には保湿ケアをすることも大切です。

簡単なのにチクチクしない!除毛クリームですね毛処理

肌へのチクチク感を回避しつつムダ毛処理をしたいのであれば、除毛クリームを使ってすね毛を処理するのがおすすめです。

除毛クリームには「チオグリコール酸カルシウム」という除毛成分が含まれており、毛を溶かすことで処理します。剃ったりすいたりする方法とは違い、毛先を丸く処理できるため、伸びかけのときでもチクチクは軽減できます。

また、毛穴から毛を処理できるので、処理の跡が目立ちづらいという特徴があります。しかも、使い方がラクというメリットもあります。気になる場所にクリームを塗って放置したあとに洗い流す、もしくは拭き取りでクリームを取り除くだけでムダ毛処理が完了します。すね毛のように処理範囲が広い部位でも気軽に処理することができます。

自分に合ったすね毛の処理方法を探そう

日本では男女ともにムダ毛処理への意識が高まりつつあり、実際にムダ毛処理を大切な男の身だしなみと考える男性も増えてきました。

なかでもすね毛は人目につく機会が多いので、ある程度きちんと処理しておきたいものです。男性がすね毛を処理するならば、ツルツルにするか、すいて毛量を減らという2つのパターンがあります。どちらを選ぶかは個人のライフスタイルや好みの問題になります。自分に合ったやり方で自分好みに処理してみてください。