お腹のムダ毛を剃る!処理のリスクとおすすめ対策方法


男性だって、普段は服で隠れているため気にならないお腹の毛も、水着を着用する季節になると気になってきませんか?

お腹の毛は男性らしいという印象がありますが、濃すぎて悩んでしまう人もいます。ムダ毛の処理として最も一般的なのは、カミソリを使って剃る方法です。

しかし、お腹の毛を剃るのはケガの危険もあり注意が必要です。お腹の毛を剃るときに気を付けるべきポイントや処理後のお手入れの仕方、カミソリ以外の処理方法についてご紹介します。

剃ると濃くなるって本当なの?お腹の毛が濃くなる剃り方とは

カミソリで毛を剃ると濃くなるという噂があります。

確かに剃った後に生えてくる毛は剃る前より太く、色も濃く見えることがあります。剃り続けることでムダ毛が濃くなるというのは本当なのでしょうか。

実は、この話には医学的な根拠はありません。カミソリで毛を剃ると、毛の断面が大きくなるため、太くなったように感じるのだといわれています。つまり、毛そのものが変化しているわけではないのです。剃る前の毛は先端が細くなっていて、柔らかくなっています。しかし、カミソリを斜めに入れることで断面に傾斜ができ面積が広くなり、毛が濃くなったように見えてしまいます。

また、剃るときにカミソリで傷ついてしまった皮ふの表面にメラニン色素が沈着し、毛穴が黒ずんで見えることもあります。ムダ毛自体は太くなってはいなくても、毛穴がポツポツと黒ずんでいると、全体的に濃くなったように見えるかもしれません。これもカミソリで毛を剃ると濃くなるといわれる一つの要因でしょう。

このように、カミソリで毛を剃ることで毛が濃くなるというのは単なる噂といえます。しかし、毛の断面や毛穴の黒ずみで濃く見えてしまうのなら要注意です。きれいに仕上げたいなら、カミソリの使い方や剃る回数など、お肌にダメージを与えないように工夫する必要があります。

綺麗にお腹の毛を処理する!正しい剃り方のコツ

お腹の皮ふは柔らかくデリケートです。

そのためムダ毛の処理をするときには、気を付けないと皮ふを傷つけて炎症を招いてしまうかもしれません。剃る前には剃りやすいカミソリやシェービングクリームなどを用意し、できるだけやさしく処理しましょう。

カミソリを選ぶ際は、切れ味や剃りやすさ、肌へのやさしさを確認することがポイントです。剃り心地の悪いカミソリを選んでしまうと、しっかりと剃れないだけでなく、肌を傷つけることがあります。ケガ防止のためには、女性用のスキンガードが付いたカミソリもおすすめです。

剃る前は皮ふの状態をよく観察し、小さな傷や湿疹、虫刺され痕があるところは避けるようにしましょう。コツとしては、お風呂や蒸しタオルで皮ふを温めて、柔らかくしておくと剃りやすくなりますよ。

また、カミソリの滑りをよくするためにシェービングクリームは必須です。肌へのダメージを少なくすることができます。毛が長いときは、シェービングクリームを塗りながら毛の生えている方向に合わせて毛並みを整えていきます。カミソリは毛の流れに沿って入れていくと、毛が引っ張られずあまり痛みを感じません。

剃る際は、同じ部分に何度も刃をあてずに、全体的にまんべんなく剃っていきましょう。剃り終わったら、蒸しタオルでやさしくふきとります。この時、傷や出血がないか確認しましょう。最後に皮ふの炎症を鎮めるために冷たいタオルをあて、保湿クリームでお手入れして終わりです。

カミソリでお腹の毛を剃ると、数日でまた毛が生えてきてしまいます。しかし、皮ふへのダメージを考えると頻繁におこなうのは避けたほうが無難です。再び剃る場合は、1~2週間程度空けてからおこないましょう。

お腹とへそ周りは剃るべきではない?自己処理のリスク

実はカミソリでお腹の毛を剃るのは、あまりおすすめできません。

皮ふへの炎症を招くリスクが高いからです。お腹やへそ周りの皮ふはとてもデリケートなので、カミソリで何度も傷つけてしまうと、湿疹が出てしまうこともあります。特にアトピー性皮ふ炎や乾燥肌の人は炎症を起こしやすいので注意しましょう。

また、毛穴が傷つけられると、メラニン色素の分泌量が多くなります。メラニン色素は紫外線など外部からの刺激に反応して作り出される物質です。カミソリで剃ることは、紫外線と同じように皮ふに刺激を与えます。その時、皮ふを保護しようとしてメラニン色素が生産され、皮膚に沈着し、肌にシミのようなものができてしまいます。残念ながらきれいな肌とはいえませんよね。

剃る前や剃った後のケアを怠ると、カミソリ負けのリスクも高まります。カミソリのあて方にも注意が必要で、何度も同じところを剃ったり、毛の流れに逆らって剃ったりすると炎症が起きやすくなります。特にもともと色白の方は炎症や湿疹が目立ちやすいので、別の処理方法を考えた方がよいかもしれません。

傷つけずに処理対策をするなら!除毛クリームがおすすめ

カミソリ以外のできるだけ肌を傷つけない方法としては、除毛クリームがおすすめできます。

除毛クリームのメリットは、何といってもその手軽さにあります。毛を処理したい部分に塗って、所定の時間が過ぎたら洗い流すだけです。カミソリと違って簡単に処理することができます。さらに、ケガや皮膚に炎症を起こすリスクが少ないのも除毛クリームのよいところです。乾燥肌や敏感肌の方も安心して使用できます。炎症を防ぐことができれば、メラニン色素が沈着する心配もありません。毛を処理するだけでなく、お肌をきれいに見せることができるのです。

また、除毛クリームならお肌にやさしいので何度も使えます。特にお腹を露出する機会も多い夏シーズンには大活躍するでしょう。処理のしやすさや肌へのダメージを考えると、除毛クリームで処理するほうが、メリットが大きいといえます。

まとめ

ムダ毛の処理は、生える部分によって最適の処理方法を選ぶ必要があります。

お腹やへそ周りの皮膚はデリケートなので、できるだけ刺激の少ない方法でムダ毛処理をするのがおすすめです。一般的であるカミソリは、処理の際のお肌へのダメージ、処理前や処理後のケアの手間を考えると、意外と手軽な方法とは言えません。ムダ毛処理の頻度が多い方は、肌に優しく手軽な除毛クリームを試してみてはいかがでしょうか。