ワイルドにかっこよく!日本人にぴったりな髭スタイルとは?


男性であれば一度は「髭を伸ばしてみたい」と考えたことはありませんか。

日本では「無精ひげ」といった言葉があるように、髭を伸ばしっぱなしにするのは、だらしないといったイメージもあります。そのため、会社によっては髭を禁止しているところもあり、普段から髭を伸ばしている人は少ないようです。しかし、髭は伸ばし方によってはとても男性らしく、ワイルドに魅せてくれるアイテムです。今回は、おすすめの髭スタイルをいくつか紹介します。これまで髭を伸ばしたことがない人でも挑戦しやすいデザインがあるので、ぜひカッコいい髭スタイルに挑戦してみましょう。

清潔感が大事!不潔に見えるのはNG

髭が似合う男性は日本人と欧米人ではどちらに多いのでしょうか。

個人的な考えの違いはあるものの、一般的には「欧米人」のほうが髭は似合うといわれています。その理由は、欧米人のほうが顔の彫りが深く、髭がアピールされてもそれに負けないくらいの大きい目や鼻などのパーツの存在感があり、全体的にバランスが良い点があります。

また、金色やブラウンといった色合いの髭は主張しすぎず、たくさん生えていても不潔といった印象があまりないのです。そのため、欧米では髭は男らしさの象徴であり、セックスアピールできるものとして受け入れられています。

しかし、日本人の場合、生えてくる髭の多くは黒色であり、伸ばしっぱなしにすると清潔感に欠けるイメージがあります。そうしたこともあり、欧米人女性と比べて「髭が好き」という日本人女性は少ない傾向にあります。そして、髭はファッションとしての市民権は得ているものの、まだまだフォーマルな場では敬遠されがちです。

日本人の場合、顔の彫りは薄い人が多いので、髭を生やしてしまうと髭以外の顔の印象がぼやけてしまいます。そのため、小まめな手入れをしてバランスを整えることが必要です。髭を生やすときは伸ばしっぱなしではなく、清潔感を考えたデザインを重視して、定期的なお手入れを心がけましょう。

Studio Shoot People Portrait Concept

それはダメ!NGな髭スタイルとは?

では、やってはいけない髭スタイルを考えてみましょう。

まず1つ目は「無精ひげ」と呼ばれるものです。これは数日間髭のお手入れを何にもしない状態を言います。体調を崩して寝込んだとき、休日が続いたときなどは無精ひげを生やしてしまう人もいるでしょう。

しかし、外出するときなどは伸ばしっぱなしの無精ひげは避けたいものです。無精ひげが不潔に見える理由として、あごや口周りの髭だけでなく「頬」や「首」まで点々とした髭が見えてしまうことがあります。顔のパーツ全体に髭がポツポツと生えている状態は、だらしなく、身だしなみに気を使えないといったイメージを持たれてしまいます。

そして「やたらと長い髭」も不潔に見えます。昔話に出てくるようなおじいさんのアゴ髭スタイルは、よほど似合う人でない限り清潔感に欠けるでしょう。食事をするときに髭に食べ物や飲み物がついてしまうこともありますし、長い髭は雑菌が繁殖しやすく、嫌な臭いや肌荒れを起こすことにもつながります。これら2つの髭スタイルは、世間一般的には好まれない傾向があるので避けたほうが良いでしょう。

おすすめは難易度が低く取り入れやすいあご髭

では、髭スタイルに初めて挑戦する人は、どのような髭デザインが良いのでしょうか。

それは「あご髭」です。髭は鼻の下や口周り、頬やもみあげといった多くの部分に生えますが、「あご髭」はそうしたパーツのなかでも似合う人が多く、初心者でも取り入れやすいのです。たとえば、アニメのキャラクターにうっすらと髭を描くとき、口周りや鼻の下に髭を描くとだいぶ印象が変わってしまいます。

しかし、あごに数本髭を足すと、キャラクターのイメージを壊さずにワイルドな髭の印象を出すことができます。これは人の場合も同じであり、うっすらとあご髭を生やすだけで違和感なく髭スタイルを楽しむことができるでしょう。

あご髭スタイルは、髭が薄い人や童顔の人でも似合いやすいです。あごの髭だけを徐々に伸ばしつつ他の箇所は剃ることで、伸ばしているあいだも清潔感を保つことができます。また、生やす範囲によってもイメージを変えることができるでしょう。くちびる幅程度のあご髭であれば、見た目はやわらかい印象になりますし、逆にあご全体に生やすことでワイルドな印象を出すことができます。

あご髭スタイルが定着してきたら、徐々に口ひげに挑戦しても良いでしょう。うっすら生える鼻の下の髭とあご髭を組み合わせたスタイルは、男性のワイルドさを表現しつつ清潔感もあるので、多くの女性からも支持されています。

難易度高めの髭デザイン!自信がある人はぜひ

芸能人のなかには、頬の髭を生やしていたり、もみあげ部分から、あご髭までつながっていたりするデザイン髭の人もいます。

ある程度髭スタイルに慣れてきたら、このような上級者向けの髭デザインを楽しんでみても良いでしょう。

まず、髭のなかでも一番生やすのが難しそうな「頬髭」ですが、上手に生やすことで、とても男性らしい印象を出すことができます。あごから頬、口ひげから頬にかけて生えている髭は、野性的でワイルドなイメージがあります。ただ、頬髭は一歩間違えると無精ひげになりかねません。そのため、頬髭を伸ばすには、どの部分を伸ばすかといった全体のバランスを考えて適度なトリミング、毎日の手入れが必要になります。

また、欧米人に最も多い「もみあげからあごまでつながっている髭デザイン」は、髭を好む男性にとって憧れのスタイルではないでしょうか。とても男性らしさをアピールできる髭ですが、人によって似合う、似合わないがハッキリしているデザインと言えるでしょう。どちらかと言えば童顔の男性よりも、目鼻立ちのくっきりとした男性に似合うスタイルです。ただ、顔の多くを髭が覆うデザインであり、ワイルドすぎる印象もあります。女性によってはちょっと苦手意識を持たれてしまうかもしれませんね。

Studio People Model Shoot Caucasian Man

まとめ

欧米人に比べて彫りの浅い日本人は、あご髭全体が伸びているスタイルや、頬髭を生やすといったスタイルはなかなか似合わないこともあります。
しかし、日本人だからこそ、髭を少し生やすだけでワイルドな印象を出せたり、狭い範囲のあご髭だけで大人っぽいイメージを出せたりもするでしょう。ただ、髭は職場によっては生やすのが難しいこともあります。そんなときは長い休暇のときだけ生やせる髭デザインを楽しんでみても良さそうです。髭は男性の顔のイメージを大きく変えることのできるアイテムです。イメージチェンジをしたいと思ったときこそ、ぜひ髭スタイルに挑戦してみてください。