髭が濃いのは伸びる速さのせい?伸びを遅くする方法はあるの?


髭が濃いのは男性にとって悩みの種のひとつになります。服装と顔が合っていないと思われがちですし、あまりにも濃い場合は不潔でだらしない印象すら与えてしまうこともあるでしょう。毎日髭剃りを行っているのに髭が濃い人は髭の伸びる速さが人よりも速い可能性があります。ここでは髭の伸びを遅くする方法がないか、解説していきます。

髭の濃さと伸びる速さの関係は?

髭が濃い人にはいくつかの原因があります。まず、体質的に髭が太く強い性質の人です。このタイプの人はきれいに髭を剃っていても少し生えてきただけですぐ濃い印象になってしまいます。次に、髭の剃り方が雑な人です。剃り残しが多い髭は必然的に、髭が濃い印象を人に与えます。毎日の髭剃りの習慣を見直してみましょう。あるいは、使っている髭剃りに原因があることもあります。髭剃りが古過ぎないか、髭質との相性が悪くないか確認してみることをおすすめします。そして、髭が伸びるスピードが速い人も髭が濃い印象を与えてしまいます。髭の伸びる速さは日本人の平均で1日あたり0.2ミリから0.4ミリだといわれていますが、それ以上の速さで伸びる人もいるようです。このタイプの人は毎朝きれいに髭を剃っているつもりでも、午後になるとまるで剃り残しのように髭が生え始め、青髭や無精髭の原因になります。特にビジネスパーソンからするとだらしない人間に思われがちなので、大きな悩みになっている人も多くいます。

髭の伸びる速さを決める要因は?

どうして髭が伸びる速さには個人差があるのか、それを知るには髭に影響を与える条件を知ることが大切です。まず、男性ホルモンの分泌が多い人は髭の伸びも速くなります。髭の毛根にある『レセプター』と呼ばれる感受体がホルモンに反応すると、髭の伸びが活性化すると言われています。こうした人の特長として、髭だけでなく足や胸に生えている体毛全般が濃い点が挙げられます。次に、体調によって髭の伸びが速くなっているケースも考えられます。ストレスや偏食によって体内に毒素がたまると体は生理現象として毒素を排出しようとします。その際、毒素の排出先のひとつになるのが髭です。実は髭の成分とは体内に溜まった不要な成分であり、必然的に体調が乱れると髭の伸びる速さも変動します。 男性ホルモンと体調、髭に影響する二つの条件に共通する点は、いずれも生活習慣の乱れによって悪影響が引き起こされることです。つまり、髭の伸びるスピードが速くなったなと感じたら、体が生活習慣を見直す機会を求めてサインを発していると考えたほうがいいでしょう。

髭の伸びを遅くするにはどうしたらいいの?

他人からの印象をよくするため、オシャレな服装が似合うようになるため、できれば髭の伸びを遅くして髭の薄い顔立ちになりたいところです。そのためには生活習慣を正す努力が肝心です。まずは、早寝早起きの習慣を身につけましょう。男性ホルモンが活性化するのは睡眠時だといわれています。つまり、健全な睡眠習慣は健全な男性ホルモンバランスを保つことに役立ちます。逆に夜更かしや二度寝などの習慣は男性ホルモンの乱調へとつながります。次に、食生活を改善することです。髭の成分になる毒素を吸収しないような食生活を目指しましょう。髭の伸びが速くなったと感じたら、脂肪やコレステロールを多く摂取しすぎている可能性があります。肉だけではなく野菜も食べることが大切です。そして、ストレスを溜めない毎日を心がけることです。仕事やプライベートで嫌なことがあってもリフレッシュできる方法を身につけておきましょう。当然、暴飲暴食や夜遊びに頼るのではなく、音楽やDVD、ペットなどを利用してリラックスできる時間を確保することがおすすめです。髭の伸びは努力次第でコントロール可能だという自覚が大切になります。 参考サイト http://www.mikado-k.com/kisochishiki/why.html