メンズ向けの脱毛器!選ぶポイントを解説!


今は男性でもムダ毛処理をする時代になりました。ただ、カミソリなどで除毛をしてしまうとどうしても肌を痛めつけてしまいます。肌荒れは清潔感に欠けてしまうため、少しでも綺麗な肌でいたいですよね。そんなときに活躍するのが脱毛器です。現在は家庭用脱毛器でもかなりの効果が期待できるものが多数販売されています。ここではメンズ向けの脱毛器の選び方をご紹介していきます。

フラッシュ方式がベスト?熱線式やレーザーとの違い!
appliance for photo-epilation isolated with clipping path

家庭用脱毛器には大きく分けてフラッシュ式、熱線式、レーザー式の3種類があります。このうち熱線式は熱の力でムダ毛を焼き切り処理をするもので、サーミコン式とも呼ばれています。熱線式はあくまでも表面に見えているムダ毛を処理するために使われるものであって、毛根にダメージを与えて発毛効果をなくす作用は基本的にありません。複数回熱線式での脱毛を繰り返していると、熱の力が奥深くまで届いて次第に薄くなることはありますが、より高い脱毛の効果を目指したいという方にはおすすめできません。この点からみると熱線式は脱毛器というよりは除毛器としての位置づけになります。また、レーザー式は単一の波長のレーザーを照射して毛根にダメージを与え、発毛効果をなくすもので、繰り返すことで少しずつ脱毛の効果を高めることができます。しかし、脱毛効果が強い分、肌を痛めつけてしまう可能性も高いというデメリットがあります。一方、フラッシュ式は発毛効果をなくす作用があるうえに、レーザー式よりも肌に与える影響が少ないので、現在もっとも人気の脱毛方法となっています。フラッシュ式は照射力が弱く、女性向けといわれていた時代もありましたが、現在では改良も進められ、男性の太いムダ毛でも問題なく処理できるようになりました。

痛みも違う!?脱毛力があるのに痛みが弱めのものを!

フラッシュ式脱毛器は照射力が穏やかなため、レーザー脱毛器に比べて痛みはかなり感じにくくなっています。レーザー式の場合には、黒いものにしか反応しない構造にはなっているものの完全ではないため、皮膚にレーザーが照射された時に強い痛みを伴います。これは熱線式の脱毛器も同じで、熱が皮膚に伝わると痛みを感じることがあります。エステやクリニックなどでも痛みが強かったり、肌荒れをしてしまったりという理由で続けることができなかった人がいる中で、フラッシュ式はほぼ無痛のため、このような理由で挫折してしまう方が少ないのが特徴です。

照射面積も重要!広いほうが効率的!
Portrait of young handsome man touching his chin isolated on white background

脱毛器を選ぶうえでは、照射面積も大きなポイントになってきます。特に男性の場合は広範囲にわたってムダ毛があるという方が多いので、より照射面積は重要になってきます。照射面積とはその名の通り、一度に脱毛器が当てられる面積のことです。照射面積は広ければ広いほど脱毛時間を短くすることができますし、むらなく脱毛を行うことが可能になります。3種類の脱毛器の中で、もっとも照射面積が広いのはフラッシュ式脱毛器です。穏やかな光を全体的に与えて、徐々に毛根まで刺激を与えていく仕組みになっています。