脇毛にも役割がある!きちんと知って正しい処理を


体毛の中で脇毛に悩まされている人は多いのではないでしょうか。ファッションには気を遣うし、見た目も気になるし、困った存在の脇毛に手を焼いている人はたくさんいることでしょう。 しかし、生えているからには何か意味があるのかもしれません。ここでは脇毛が担っている役割と、処理するときの注意点についてまとめました。

脇毛の役割とは?

脇は日常生活で強く意識することがない器官ですが、実は多くの働きがあり、脇毛は脇を保護するために必要な体毛だといわれています。まず、脇毛の役割としてリンパ節を守っているというものがあります。体の免疫に大切なリンパ節は、非常に繊細で外的要因に影響を受けやすい部分でもあります。脇毛によって、リンパ節がダメージや熱を受けることを防いでいるのです。

また、脇毛には摩擦を防ぐクッションとしての役目があります。少し意識してみると、脇がいかに、摩擦が起きやすいパーツかが分かるでしょう。放っておくと汗疹や衣擦れといった現象が出ることも少なくありません。脇毛が生えていることによって、脇の皮膚は傷つかずに済んでいるのです。

脇毛は汗を溜め、においを発する役目もあります。そんなことに何の意味があるのかといぶかしむ人もいるでしょうが、これは生物の機能として自然なことです。脇からフェロモンをアピールすることで、異性を集めるという効果があるからです。現に、異性の脇に欲情する人間もいなくはないので、脇には性的魅力を発する効果も存在しているといえそうです。

役割があるのに脇毛を処理しても大丈夫?

多くの役割を含んでいる脇毛ですが、西欧圏では脇毛を処理することがエチケットとする文化もあります。日本でも徐々に脇毛を処理する男性の数は増えてきました。しかし、脇毛を剃ることで、体の機能に影響がないか心配になる人もいるのではないでしょうか。ファッション性や、コンプレックスの解消という面では脇毛を剃ることをおすすめします。

しかし、その代わりに脇毛を剃ることのデメリットを意識して対応するといいでしょう。 たとえば、脇汗の問題です。脇毛があってもなくても脇汗の量に影響はないのですが、脇毛がなくなることによって、汗がダイレクトに服へと染み出してしまいます。脇毛があるときには意識しなかった脇汗の染みが気になり、落ち着かなくなることもありえます。対処法としては、室内の温度を低めに設定することです。そもそも汗をかかなければ、脇汗に困ることはなくなります。吸水性の高いアンダーシャツを着込むことも有効な方法です。脇毛を処理してしまうと、違和感が生じ、過剰に涼しくなることもあります。事前に心構えを作っておいて慣れることが必要です。

脇毛はどうやって処理をするのがベスト?

脇毛を処理することを決めたら、さっそくカミソリで剃ってしまおうと考えている人は、実行する前に一度考えてみましょう。

脇はデリケートな部分であるため、脇毛が保護しているのです。いきなりカミソリで剃ってしまうと皮膚がカミソリ負けしてしまって、不恰好な見た目になってしまう可能性があります。ときには、処理する前よりも目立ってしまうこともありえるでしょう。

脇毛を処理するときにはローションなどを使って丁寧に剃るか、除毛クリームなどで自然に量を減らす方法がおすすめです。特に、除毛クリームは脱毛の初心者でも手軽に行うことができます。「脱毛ってとても面倒だな」と感じている人は、エステやクリニックなどで永久脱毛を行うことも現実的な手段ですが、コストや手間隙を考えると困難な人もいるでしょう。コストの問題を抱えている人や通うのが難しい場合は、除毛クリームの効果を試してからでも遅くないのではないでしょうか。 脇毛の処理方法はさまざまであり、慣れていない人も自分に合った方法が必ず見つけられます。思いついたら挑戦する気持ちが肝心です。